Sou Kougei 「革」「農」「山鰻」「狩猟」

滋賀県愛荘町での日々の生産活動を発信していくよ!レザークラフト・山芋・農業・狩猟!

伝統のジビエ料理ボロネーゼソースの作り方。

 ボロネーゼソースと言えば青の洞窟シリーズなどで独り身の皆さんはお世話になっているパスタソースの一つですが、これ実は鹿肉を使うので伝統なんですよ!

 

f:id:soukougei:20161014182654j:plain

 新しい皿が欲しいけどこの大きさのの丸皿が中々無い・・・

 

 ボロネーゼソースはイタリアボローニャ地方の伝統料理で牛のミンチを使ったミートソースと認識している方は多いと思います。ボロネーゼソースとミートソースの違いは今やミンチの大きさぐらいのもんです(ボロネーゼソースの方が大きい)

 元々は鹿肉を使ったジビエ料理なのですが鹿肉が手に入らない!じゃあ子牛の肉を使おう!う~ん子牛で潰しちゃうのはもったいないなぁ成牛でいいやぁというのがボロネーゼソースの歴史です。

 

 伝統のボロネーゼソースでもナスビ入ってるよ!(6人前ぐらい)

 

鹿肉の粗びき肉・・・・・300g

タマネギ・・・・・・・・2玉

ナスビ・・・・・・・・・5本

赤ワイン・・・・・・・・600ml

ニンニク・・・・・・・・4ケ

黒ニンニク・・・・・・・2ケ

鷹の爪・・・・・・・・・2本

オリーブオイル・・・・・100ml

岩塩・・・・・・・・・・適量

胡椒・・・・・・・・・・適量

ベイリーフ・・・・・・・2枚

オレガノ・・・・・・・・小さじ1杯

ローズマリー・・・・・・一つまみ

ホールトマト缶・・・・・大きいほう一つ

f:id:soukougei:20161014182814j:plain

 

1.鹿の粗びき肉・タマネギ・ニンニク・黒ニンニク・鷹の爪を刻んで鍋で炒めます。

※塩と胡椒とオリーブオイルで炒めます。

f:id:soukougei:20161014183152j:plain

2.炒めたらホールトマトとワインと切ったナスビを入れて煮込みます。

※残りの香辛料の類はこの時入れます。

 

3.量が3分の2を切るぐらいまで煮込んで完成です!!

 

簡単簡単!焦がさないでね!

 

 現在の食生活ですが栽培している野菜と鹿肉によりエンゲル係数はダダ下がりです!スーパーで買ってくる食材と言えば麺類と調味料各種ぐらいなわけで・・・食費は月5000円を確実に切ってきていますが、今使ってる食材を全部買うとなると3~4万円ぐらいいくよなぁある意味贅沢な食生活しています。

 

 

 

 体重減らないいいいいでもベルトの止める位置は元に戻ってきてるからいいかぁ